クセになる狂気。

清く正しく美しくないこの生き様を見よ

もう、大人になってもいいよ。

 

  

ずーーーーっと

 

昔から思っていたこと。

 

 


「大人になりたくないな」

 

 

f:id:kurikuu:20190121203514p:plain

(今が節目と思ったとき描いている絵。2017年の秋に描いたこれは自分が地球を食べ尽くしてるところ。テーマ「下克上」)

 

これまで自称「3歳児の衝動と破壊力」をもって直感で行動してきた私。

今振り返ってみると、身勝手しまくってるなぁ…

赤子が気に入らないおもちゃを蹴飛ばすように、割とかなり、酷い&とんでもないことしてきてるのだけど、みなさまいつも愛情深く関わってくれてありがとうございます!!(合掌)

 

 

そんな私が大晦日にインフルエンザにかかり、久々40℃近い高熱に浮かされながら突然ぽんっと頭に浮かんだ今年のテーマ。


" 大人怪獣 "
 

ついに出てきた、おとな、というワードにざわつく心(怪獣は置いておいて)。

 

 

「大人はいや!!!!」


奥の方から聞こえてきた声に、それはどんなイメージ?その理由はなんだい?

むずかる自分にそっと聞いてみると。

 

「我慢するのはいや!!」


「可愛がってもらえてないといや!!」


「ケーキ分けるときは一番大きいやつがほしい!!!!」

 

 
え??

 


ケーキ???

 


そんなん食べたかったら、あとでホール丸ごとでも自分で買ったらいいじゃん。

 

 


「……ええええ!!?買ってもいいの!!?!?」

 

 


がーーーーん

 

 
私は、自分にケーキを買い与えちゃいけないと思ってたのか………!!!!!!!
(1年前にも似たような事言ってた。成長は螺旋状💫)

欲しいものずっと我慢させて、わたしマジごめん!!と思った。

 

 

後日、スーパーへ行って総菜コーナーを通りかかったとき目が合ったトンカツを(今日どうしても食べたい!何でもない日だけどいいよね!?)ドキドキしながら買ってみた。

おいしい幸せ♡♡最後の一切れになったとき、


「いいよ、食べなよー!」


我慢しているわけではなく、気が付いたら他人に心から譲っていた。

 

 

" 食べたかったら、明日でも明後日でもまた買えばいいからさ。"

そう思えたことにびっくりして、箸を持ったまま、思わず泣いた。



f:id:kurikuu:20190121205622j:plain



ほしいものや必要としてる手助けを「ちゃんと注ぐよー!!」って自分自身に言えないと、そうか他の人より一番大きいケーキが、トンカツ最後の一切れが欲しくなる。


私は、明日も明後日も生きていく。
そう心の底から感じていること。

生きてていいんだよ大丈夫だよってわざわざ言わなくても、当たり前に未来を描いていること。


「今食べないと二度と食べられないかも!」と思って、おなかいっぱいでも食べてしまっているときがたくさんあったなぁ、だから私は太ったんだなぁとしみじみ思った。

 

 


今年の合言葉は

「君がほしいもの、なんでも手に入れてあげるよ」



昨年の伝説バナナ企画🍌💥により自力で彼氏を召喚(空前絶後のラブラブ具合♥️)したことにより、自分で自分に与える手応えをゲットした気がしています。

私がわたしに、誰よりイケメンの彼氏になる!!

 

 

f:id:kurikuu:20190204191700p:plain

大人怪獣

(何年ぶり!?かのウツ怪獣🌰登場で布団一体型ライフ中の現在。涙の底から生まれたカラフルピクチャー🌈)

 

 


大人って何ですか??

それぞれの答えがあるけれど。

 

「自分で自分にケーキを買ってあげられるし、好きなひと達にも買ってあげられる人」
と気がついたら、素敵だなとくるっと景色が違って見えた新年。

 

誰かにモヤモヤをぶつけたくなったり、何かを奪いたくなったりした時はチャンス。
大人のいいところは、お金や場所や人、好きに選んで自分に心地良さを注いであげられるところ◎

「不安」や「かたくなさ」を掘り下げていくと、恐ろしいと思っていた真ん中には小さなかわいい欲求がキラキラしていたりするんじゃないかな。と思いました。