くりころdays

でんじゃらすがーる

デストロイ!!~今、君に会いにゆく~


思いがけず始まった放浪の旅も一ヶ月、特に関東へ来てから不具合が続いている。



オーブンレンジの沈黙に始まり、プロジェクター、お風呂の電気、トイレ詰まりにしゃもじの失踪。

電車に乗ろうとすれば駅の券売機が詰まり、ラムピリカは強風で停電。
熱海へ行ったお隣さんは電車が止まり帰宅できず。


千秋さんの大切な傘をお母様に貸したところ、やっぱりというか盗まれる(予感はあった)。



次々と起こるシステムエラー、その中でもとびきりは、千秋さんが救急車に乗った日のこと。






「くりちゃん、今日は何か予定は入ってますか?」


北海道の病院で打撲の診断を受けるも、強打したお尻の痛みで歩くことも難しくなっていた千秋さん。
空港からそのまま熱海療養へ旅立ち3日目の朝、湘南の電話が鳴った。


「痛みが強くなってしまって、民間の搬送サービスで病院へ行こうと思います。動けないので、手続きなどお願いしたいのですが来ていただけますか…?」


「もちろんです!!!!」


前のめりに、寝起きの布団でわくわくと返事をした全く予定のない私。
不謹慎かもしれないけれど、頼って貰えた喜びで私の心は溢れる。


出会ってちょうど1週間。

共に行動する時間が短くてちょっと寂しかったところ。


着の身着のままレッツゴー!!




あまりの非日常にふわふわと浮き足立った気持ちで藤沢駅に到着すると、改札の前に人だかりができていた。


「何かあったんですか?」


近くにいたPOLICE制服に話しかけると、こんな返答が。


「送電線に火花が散っていると通報があって、今は点検中で電車が運休しています」



マジか。



駅員さんを捕まえるも、熱海行きはいつ来るか分からない、他の行き方を聞いても待つしかないと言われ、登場するのはスマートフォン
教えてGoogle先生!


訊ねてみたところ、小田原までたどり着ければそこから新幹線に乗れる、と。



……新幹線!!!?


(乗りたい!!)



この間、ずっとメッセージをやり取りし見守っていた千秋さん。

「乗ってください!新幹線代はもちますので!!」



今、君に会いにゆく!!!!





小田原行きの臨時電車に押し乗り、初めて見る新幹線はめちゃんこ速かった。

しかし千秋さんから、迎えに来てくれた民間の搬送サービスでは地形的に危なく運べなかったこと、痛みがさらに激しくなったため救急車を呼びました、と連絡が入る。



火花!!この状況も火花!!!



「救急車で一緒に移動できたら心強いです」

この言葉に俄然やる気になり、ダッシュで熱海のお家へと向かう。




寝起きの電話から3時間、最寄りのバス停に到着すると赤いランプがクルクルしていた。

まだかなまだかなと待っていると、坂の向こうから丁重に運び出されてくる千秋さん。
痛みで目も開けられないところをぴょこぴょこ手を振りにっこり笑顔で迎える私。



やっと会えたね、お姫様!!!



そして、テキパキ働く救急隊員の方達に最敬礼。
助け出してくれて、本当にありがとうございます!!



今一度、「北海道のちょっとした公園にある氷の滑り台でおしり滑りをしたんですね?」と確認をされ、痛みと感激で呻きながら涙を流す怪我人の隣で、なるべく真面目な顔で頷いて近くの病院まで走り抜けた。


(朝そこら辺の服を引っ掴んで飛んできた私、自作の文字Tシャツにはでかでかと「デンジャラスガール」。少し気まずかった。)





検査の結果、仙骨が折れてるっぽい!これは相当痛い!ということでそのまましばし病院にお泊まりコース。


のちに仙腸関節を痛めているということが判明したのだけど、普段あんまり大きく動かしちゃいけない部位にも関わらず、北海道旅行の前から千秋さんはフィギュアスケートのポーズ(?)を真似したかったらしく無理に脚を開く練習を毎日していたとのこと。

「多分、ちょっと痛めてたところに強い衝撃が加わって大変なことになったのでは」と言う彼女。



この人、まじでやばいなと思う。




安心してぽろぽろする千秋さんの涙を拭いてから、たまたま救急車も入院も暗黒ブラックホール時代に経験済みだった私、揃えるものはバッチリ分かるよ!!
ということで、ひとりルンルンお買い物をしたりお世話役を堪能した。

(この先入院する人へのアドバイスは、なるべく可愛いお気に入りのグッズを買い揃えること!
普段から使っているものは避けた方が、退院後の自宅で消毒液臭さを思い出さずに済むと思われる。)





夕方、千秋さんのお母様が千葉からお見えになって、おいしいパンをいただきつつ3人でお話会をした。

今までどこか骨折したことある?なんて、夏はギプスにハエが寄ってきて大変だよってお話。


痛みがありつつもみんな笑顔で、お母様の運転でみーすーの待つ湘南へと向かう時には、すっかり私ってあなたの孫かも!という気持ちでいた。



家族って、他人ってなんだろうな。




そしてこの日、私は千秋さんの大切なネックレスを預かったままなくした。









毎日色んなところで色んなことが起きるのだなぁと、当たり前ながら改めて感じる。

図々しいほど他人事のように、人生って、人間の力ってすごいなぁと思う。



その後も、出会ったその日にお家に泊めてくれた友人が犯罪に巻き込まれたり(犯人には大声で最悪野郎と叫びたい。早く捕まれ!!)、千秋お母様とラムピリカで愛の怒り爆発!そして全力ハグ!だったり。
何故かお世話になっている人達からお小遣いやiPadをいただいたり。

出来事の振り幅が大きくて全然ついていけない。




大好き!!と何これ!!のオンパレード。




超絶マヌケな千秋さんも、ゲームとYouTubeに夢中なみー&すーも(一日中、3DSから「みさえ~」「こら!!しんのすけー!!」が聞こえてくる)、この人達は絶対大丈夫だなと感じる。



めちゃくちゃはちゃめちゃな事態を前にして、目に見えないけれど、全ての人は生きる力に溢れていると思った。

そんなものどこにも無い、自分には何の力もないと絶望する時もあるけれど。

いつでも何があっても、 地下に眠る源泉のように、 からだの奥底からそれは惜しみなく湧き出ているものなのだと思う。



みんな、ちょう生きてるなぁ!!!!




そして、お腹にすとんと落ちてきた

「もう、諦めよう」

という言葉。



何が正しいかなんて、間違ってるなんて、考えるだけ無駄だ。





人生って、やばい。





地球に飛び出して25年、ようやく腹を括った。



突っ走れ、デンジャラス!!



f:id:kurikuu:20170308103817j:plain

理不尽!!涙の遊園地

みー&すーと暮らし始めて2日目の夜。


「ここらへん案内してほしいなぁー」と言った私に、猫たちがピピッと反応した。


「何がしたい?近くだと江ノ島水族館かな」
「2回分の料金で年間パスポート買えるってボッタクリだからいや」
「あ、横浜に遊園地ある!」



そうだ、みんなでコスモワールド遊園地へ出かけよう!!



それまで畳に布団でだらだらしていた3匹の空気が一変、早起きのためにアラームを掛け夢の世界へ突撃。




f:id:kurikuu:20170224160614j:plain




午前中は漁港でイナダを買い、みーちゃんに教わりながら捌いた(自分用の柳と小出刃包丁を持ってる12歳)。
お昼は豪華なお刺身キムチ丼、生魚が食べられないすーちゃんには甘いスクランブルエッグ。


腹ごしらえも済んで、いざ遊園地へ出発!というとき、事件は起こる。





「てめぇふざけんじゃねぇよ!!!!」


「なんでいつもそうやって言うの!!バカバカとかさぁ、みーちゃんのせいで行く気なくす!!」



発端は、YouTubeに夢中で出かける準備が終わらなかったすーちゃん。
みーちゃんが再三声をかけるも上の空で、バスが出る時間を過ぎてもあれがないこれがないと家の中から出て来ず。

痺れを切らしたみーちゃん、全力走り込みパンチ。


「人のせいにしてんじゃねぇ!!」



鏡が割れる!と言いながらも取っ組み合いの大バトル。

私はおやまぁとソファーに腰を下ろし、白湯を飲みながら観戦(喫茶店してるからおしゃれな茶葉がたくさんだけど淹れ方が分からない)。



すーちゃんが「もーいい!!」と布団に隠れ、みーちゃんは部屋の隅で丸まって、両者大号泣。

「くぅちゃん楽しみにしてくれてたのに、こんなことになってごめんね」と大粒の涙を流すみーちゃん(感激!計画立ててくれてありがとう!)。



「ねぇ、すー行こうよ。殴ったのは悪かったよ」


「みーちゃんがお腹蹴ったからまた痛くなった!行けないのみーちゃんのせいだからね!!」



一時間経ってもすーちゃんの怒りは一向に収まらず、さすがにイラッとした私も布団を引っぺがし参戦。



「本当に痛いなら病院行くよ!!準備出来なかったの悪かったなでいいんじゃないの?それから殴らないでって怒りなよ!」


「うるさい!!黙れ!!病院とか余計なお世話なんだよ!!」



もう二度と楽しい気分になれない絶対行かない、とすーちゃん。
こんなやつと一緒に暮らせないとみーちゃん。
病院まだ開かないしなぁとソファーにごろんする私。




「…くぅちゃん、分数のかけ算ってどうやるんだっけ?」

テクニカル担当のみーちゃん、突如iPadで算数を始める。


「かけ算?ひっくり返してかけるのは割り算だったよね、隣同士かけるんだっけな?」
「くぅちゃん、答えマイナスになっちゃったよ!」
「まじで」
「ちょっとくぅちゃん、自分でやるわ」
「うん、すまん(隣同士で足すんだったっけ…?)」

「ねぇねぇ、遊園地行かないの??」





………!!!!?




布団の中から、ちりりんと鈴のような声が聞こえる。

「すー、まだ諦めてないよ」






!!!!!!!!





『じゃあ、行こうぜーーー!!!』


事態は突然動き出す。
今だ!それ行け遊園地!!


一瞬頭を掠めた病院は吹っ飛び、急いで準備して家を出た頃。
みんな笑顔で、仲良く手を繋いでいた。


じゃれあいながら、世の中の恐怖症をいくつ言えるかで盛り上がる。


「ピーナッツバター恐怖症!!」





f:id:kurikuu:20170223084832j:plain




「ねぇねぇくぅちゃん。さっきは強く言ってくれてありがとうね。 久しぶりにちゃんと怒れた」


電車の切符を買っている時、すーちゃんに袖を引かれて言われたこと。



そこ、ごめんねじゃないんだ!とか、色々すっ飛ばしてもう、私は完全に負けた。



全力の純粋な感情を目の当たりにして、張り倒されたあとの空は青いな、なんて清々しいんだろうな。

何事も無かったようにじゃれ合うみーとすーを見ていたら、本当は言葉に意味なんてないのかもしれないと思う。


知り合いとか友達にあんな風に怒るの初めて!と言われて、不思議な喜びが湧き上がってくる。




f:id:kurikuu:20170224160730j:plain




遊園地に着いてからも、あれ乗りたいこれやりたいとキレッキレのすーちゃんは、もう帰らなきゃだし自費でラスト行っといで!と言ってからの交渉術もすごかった。
(小銭増やしたくないから、あと2回でちょうど1000円なのよ。だから1000円分でいい?)



そして、結局帰りの電車でお腹が痛くなったすーちゃん。

「余計なお世話って言ったけど病院行けばよかった」


すごく痛いと言うので夜間の診療所を調べて連れて行くも、

「こんなに帰り遅くなるなら病院行かなきゃ良かったな」


とのこと。



なんて理不尽な!!!!!笑





夕飯はお腹が痛いすーちゃんリクエストで作ったうどん。


何かに夢中で動く気配のないみーちゃんに

「うどん、のびのびしちゃうよ!」

と言ったら


「のびのびって超いいね!めっちゃ楽しそう!」




f:id:kurikuu:20170223085259j:plain

(お腹が痛いすーちゃんを背負うみーちゃんの図)


出会って5日目のこと、私はあなた達の虜です。

2nd stage

 

さらば北海道、空を飛んだラムピリカ一行。

 

初めましてに次ぐ、はじめまして。

雪のない景色を堪能しながら、夢のような展開にちょっとぼんやりしていた私。

 

「くりちゃんとみーすー、ちょっといい?」

 

迎えに来てくれたご友人の車で自宅へ向かう途中、助手席の千秋さんが痛くない首で振り向いた。

 

あっち向いてホイから身を乗り出すとそれは、

「私はこのまま熱海のお家へ行きたいのだけど、数日3人で過ごしてみませんか?」

という提案。

 

ひとりで行くの!?と一瞬驚いたものの、千秋さんの目に宿る無邪気さ!圧倒的な信頼感に、胸にズドンと大砲を打ち込まれたような気持ちになった。

 

『いいよー!!!!』

 

 

私が出しうる全力のおっけーを。

両手を大きく振り回し、いってらっしゃい!!

 

 

そして始まった湘南、みー&すー&くぅ暮らし。

 

圧倒的に生きる力が弾けてるふたりは、あらゆる事態への対応力がすごい。

若干(いやかなり?)トンチンカンな私は、めちゃんこ助けられる。

 

初めての夜、部屋の中にどうやってみっつの布団を配置しようかなぁとぼんやり立ち尽くしていたとき。

すーちゃん(10歳)が私の脇からサッと進み出る。

 

「すーは布団敷くの上手いから、任せときな」

 

どこかハードボイルドが漂うみーちゃん(12歳)を尻目に、ここをこうしてこうやって…とあっという間にきっちりパズルのように、ベッドメイキングもばっちりに仕上げるすーちゃん。

閃きクリエイターである彼女は時に、今思いついたと言って様々なものを作り出し、椅子とタオルケットを使った即席の小部屋まで製作。

 

すげぇ…!!

 

 

今日は冷えるなぁと暖房について聞くと、あるのはマッチで点火するタイプのストーブ。

おぼつかない手つきでもたもたする私と違い「そのやり方だと折れるよ!」と言ってサッとマッチを擦り部屋を暖められるふたり。

 

そして、折れそうな小枝にもたもたしている様子を「くぅちゃんかわいい」と言われる。

 

照れる…!!

 

 

ある日、「久々学校行こうかなー」と準備を始めたみーちゃん。

(学校へ行くか行かないかは本人の裁量に任されている)

 

友だちに時間割を聞き、受話器を置くと

「明日は東京見学だそうです」

 

お弁当が必要らしく中身は何にしようかなぁと考えていたら、

 

「すーがお弁当つくるね!」

 

ソファーからぴょんと立ち上がり台所へ走るすーちゃん。

(私が嫌いなきゅうり入りのオムライスを作り、なんと美味しく食べられたという逸話を持つ)

しかし冷蔵庫の中、納豆とかキムチとかくさいものばっかりだった気がする。

 

おかず用の買い物してこようかと言うと、みーちゃんがいや、と断った。

 

「弁当は、家にあるもので作るものだよ」

 

 

そうか…そうなのか…!!!

 

 

そして、行楽シートが見当たらず部屋の中をバタバタと走り回るみーとすー。

夕飯のお皿を洗いながら成り行きを見ていると、みーちゃんが思いつく。

 

「そういえばブルーシートがあった!小さく切って使っていいかお母さんに聞いてみよう!!」

 

母のGOで2人は協力して行楽シートを切り出し、くぅちゃん見て!と披露してくれた。

しょっちゅういざこざ喧嘩している彼女達だけど、こういう時のチームワークはピカイチ。

 

 

寝起きにお腹がすいて、みんな朝食がまだなのに炊飯器のご飯を食べ過ぎた私に対して、みーちゃんが一言。

 

「ひとりくらい食いしん坊がいたところで、うちの食卓には何の影響もないさ」

 

 

なんだろうこの子達、と思う。

「できない」や「困った」がちっとも問題にならないこの感じ。

不完全さ、デコボコ加減も包み込んで、真っただ中を爆走するきらきらエネルギー。

 

 

 「誰かに使えて誰かに使えないものも、この世にはある気がする」

 

調子の悪い電子レンジに対するみーちゃんの感想なのだけど、何故だかグッときてしまうマジック。 

 

 

 

現在、ラムピリカに書き置きを残して家出中の私。 

 

自宅じゃないのに家出というのも変な話だけれど。

(みーすー達はおばあちゃんと一緒。たまに電話してくれる)

 

「家出、超いいね!」

何故かみんなに褒められつつ、昨日初めてお会いしたご夫婦のお宅でそのままお泊まり会。

みんなで鍋を食べ、足もみマッサージし合っている謎。

良いことも悪いことも、更なるご縁の大きな波に飲まれている最中。

 

 

 この旅がどこへ向かうのか、未だ全く予測不能。

 

 

f:id:kurikuu:20170228121342j:plain

カオス、はじめました

f:id:kurikuu:20170222140559j:plain


現在、江ノ島近くの喫茶ラムピリカ -※- の子どもたちと暮らしている。


12歳のみーちゃんと10歳のすーちゃん、そして25歳のくぅちゃん(私)。
母である店主の千秋ちゃんは、熱海の病院に入院中のため不在(北海道旅行で全力お尻滑りした結果、名誉の骨折)。


色々と突っ込みどころは満載なのだけど、喫茶ラムピリカは千秋さんの気分(?)による不定期営業のため「幻のカフェって言われてるらしいよ」とすーちゃんが教えてくれた。


今、幻にいるのかぁとしみじみする私。
そして私が彼女達と初めて会ったのは二週間前という、カオス。





物語の始まりは、店主千秋さんのFacebook投稿。


「北海道旅行に行きます、誰か遊びませんか!」

タイムラインに流れてきた、子ども友人みんなで旭川へ雪遊びに行くよというお知らせ。


その時の私と千秋さんはというと、5年ほど前にTwitterで知り合い、最後にメッセージをやり取りしたのは3年前。ごく最近Facebookで繋がったものの、一方的にブログ読んでますくらいの間柄。


当時、住み込みのお手伝いを頓挫してベッドから起き上がるのもやっとなくらいクッタクタに疲れきっていた私。
脳天からビビビッ!!と雷に打たれたような電気が走った。


あ、これ行かなきゃ。


会ったことがない、とか身体のあちこちが痛い、だとかそんなことはまるで関係なく、考えるより先に光の速さでメッセージを送信


しろくまのように駆け回れます!よろしくお願いします!!」



スキーウェアを用意し、札幌から旭川行きのバスへ飛び乗り、降り立つは初めて尽くしの旭川。
駅をうろつく私を即座に見つけた、千秋レンタカー。


そこから、怒涛の北海道編へ突入。




1. 初めましての旭川動物園、狼の檻の前で遠吠えする人間の大人2人(千秋&くり)、すーちゃんに「恥ずかしいからやめて!」と怒られる。


2. 千秋さんの旭川時代を知るご友人宅へ、10年ぶりの感動再会を見届ける。
(謎の同行者にも関わらず快く迎えてくださったご家族。寿司&ピザをご馳走になりつつ赤ちゃんだったみーすー達のアルバムを眺め、当時のお話を聞かせてもらったりご友人夫婦の馴れ初めを質問。最後はみんなで記念撮影!)


3. 子ども用氷の滑り台で千秋さんが全力お尻滑りで負傷、ホテルへ残して他メンバーでワカサギ釣り。
(6人力を合わせて釣り上げた1匹 時価28000円キャンセル料込み)


4. 痛みで歩くのもままならない千秋さんと子どもたちを車に乗せ、免許取得後初めての路上運転。雪道をおだてられつつどきどき若葉マークで爆走。



数日前に初めて会った人達と素っ裸で温泉に浸かりながら思った。


なんだこれは??


その日の宿どころか、いつ帰るかさえ決めずに飛び込んだ私。
全力親子を空港へ送るため、若葉レンタカーを走らせながら心にふつふつと湧き上がる気持ち。


このまま、ラムピリカへ行きたい…!!!



「ねぇねぇ、くぅちゃんこのままうちに遊びに来てよ」
旭川空港のカウンターで、私の心を見透かしたようなみー&すーの言葉。頭の中で鐘が鳴る。


チケットはありますか、恐る恐る聞いてみる。


「通常ですと3万円以上いたしますが…」




……9800円!!




「行きます!!!!」


右手を高らかに、宣言。



ハイ!と挙げた手の勢いそのままに。


なんだこれ??を超えるなんだこれ!!!

待ち受けるエクスプロージョン、湘南ラムピリカへと軽やかに着地した。